Webライター関連

副業ライターは未経験でもはじめられる?報酬シミュレーションで収入チェック

副業ライターをはじめたいけど「未経験でもできる?」「どのくらい稼げるのだろう?」と、疑問や不安をもっている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、副業ライターのメリットやデメリットを解説するほか、どのくらいの収入を得られる可能性があるのかをシミュレーションしました。

はじめる際の注意点にも触れていますので、副業ライターに興味がある方や参入を悩んでいる方は参考にしてみてください。

副業ライターは未経験でもはじめられるのか?

 副業ライターは誰でもはじめられる職種であり、まったくの未経験でも可能です。 

案件によっては専門的なスキルも必要がなく、お小遣い稼ぎが目的のサラリーマンや家事の合間に収入を得たい主婦など、さまざまな方が参入しています。

とくに、ブログを運営した経験がある方にぴったり。
普段から、インターネットで情報を検索するのに慣れている方にも適しています。

副業ライターでは、不特定多数のワーカーとクライアントをマッチングさせる「クラウドソーシング」に登録して仕事をはじめるのが一般的です。

クラウドソーシングで文章を書く仕事には、以下のような種類があります。

ライターの仕事
  • ブログ記事・Webコンテンツ執筆
  • リライト・校正・編集
  • レビュー・口コミ作成
  • キャッチフレーズ・コピーライティング作成
  • シナリオ作成・脚本制作・小説執筆
  • インタビュー・取材記事執筆
  • セールスコピー・セールスレター作成
  • メルマガ・DM作成

当然ながら、なかには専門的なスキルを要する仕事もあります。
自分に適した仕事を選んで、副業ライターをはじめるのを検討してみましょう。

 クラウドソーシングについては、以下の記事で詳しく取り上げています。ぜひ参考にしてみてください。 

「クラウドソーシング」とは?Webライターにオススメのサービスを紹介今や、誰もがWebライターになれる時代になった要因のひとつが「クラウドソーシング」の登場であることに異論はないでしょう。 クラウド...

副業ライターにデメリットはあるのか?

未経験でも参入できる副業ライターとはいえ、デメリットもあります。
はじめるにあたっては、気になる点を確認しておきましょう。

すぐに稼げない

副業ライターをはじめても、最初はなかなか稼げないケースがあります。
ライターとしての実績に乏しいと、高単価な案件で採用されにくいのです。

たとえば、ブログをやっているならアピール材料になりますし、自分の得意ジャンルや趣味なども選考で考慮される場合があります。

自分をアピールしながら案件を獲得し、採用率を高めていきましょう。

 ライターがブログをやるメリットについては、以下の記事で解説しています。 

Webライターがブログを運営する4つのメリット!収益化がポイントWebライターのブログ・サイトの運営には、実績になるなど多くのメリットがあります。ただし収益化が鍵。どんなメリットがあるのか、詳しく解説します。...

書かないと稼げない

副業ライターは仕事からの帰宅後や休日に、書く時間を確保しなければなりません。

なかには、通勤の電車内でスマホを活用してリサーチしたり、休憩中に少しでも書いたりなど、執筆時間の確保に工夫している方もいます。

会社に知られる

副業で一定以上の報酬を得れば、確定申告する必要があります。
確定申告で住民税の超過分が発生すれば、会社に通知書が送付されるケースがあるのです。

住民税額の変更通知書を会社の経理担当がみれば、副業の事実が一目瞭然です。
会社に副業禁止の規定がある場合には、十分に注意しなければなりません。

「超過分の住民税を自分で納める手続きをすれば大丈夫」とは限りません。気になる方は以下の記事を読んでみてください。

Webライターの副業は本当にバレないのか?元経理担当がズバリ解説Webライターの副業は会社にバレることがあるのでしょうか?また、普通徴収にチェックすれば大丈夫なのでしょうか?元経理担当がズバリ解説します。...

副業ライターをはじめる4つのメリット

副業ライターのデメリットがわかったところで、メリットも確認しておきましょう。

初期費用がかからない

副業ライターはパソコンがあればはじめられますし、なかにはスマホで執筆している方もいます。
自宅にインターネット環境がなければ、Wi-Fiを使えるカフェでも執筆可能です。

ただし、ライターとしてステップアップしていく過程においては、さまざまな経費が必要になる場合があります。

スキルを高めるための文章講座や書籍の購入費、取材ライターを目指すなら高性能なカメラ、ボイスレコーダーなども必要です。

Amazonで「副業Webライター」の本を探す\Webライターについて勉強しよう/

誰でもできる

誰しもが文章を書いた経験があるはずで、副業ライターをはじめるのに際して特別な能力は必要ありません。

とはいえ、Webライティングには会社の資料作成などと異なり、特有のルールがあります。

また、クライアントの要望に対応できるライティング力を求められる場合もあるので、適応力の向上とスキルアップが欠かせません。

Amazonで「Webライティング」の本を探す\文章術を身につけよう/

どこでもできる

自宅はもちろん、通勤の電車内やカフェなどさまざまな場所で仕事ができます。
すき間時間を有効的に利用できるほか、外出先や出張先でも執筆可能です。

ただし、プロのライターは複数のパソコンや端末を使いこなすなど、効率化に余念がありません。

ライターとしてステップアップしていくためには、仕事しやすい環境の整備が重要になる点に留意しておきましょう。

書けば書くほど稼げる

副業ライターは、当然ながら書けば書くほど稼げます。
本業で拘束される時間が少ない方ほど有利です。

副業ライターで稼げるかどうかは、「いかに執筆時間を捻出できるか」にかかっています。
自分なりに時間の使い方を工夫して、書く時間を確保するように心がけましょう。

「誰でもできる、どこでもできる」副業ライターですが、早めに稼げるようになりたいなら専門スクールで学ぶのも方法のひとつです。

 以下の女性向けライティングスクール「SHElikes(シーライクス)」は、全32種類の豊富なコースが定額・学び放題。無料Web体験も実施しているので、以下のリンクからチェックしてみてください。 

SHElikes(シーライクス)

【副業ライターの報酬】文字単価別シミュレーション

では、副業ライターがどれくらい稼げるのかみていきましょう。
以下のパターンでシミュレーションします。

  • 週5日・1時間/1日
  • 週5日・2時間/1日
  • 週5日・3時間/1日
  • 週3日:1時間/1日
  • 週3日:2時間/1日
  • 週3日・3時間/1日
  • 週1日・7時間/1日
  • 週2日・7時間/1日

なお、以下の基準で計算します。

  • 仕事内容:クラウドソーシングを利用し、取材をともなわないWeb記事作成
  • 時間あたり文字数:1,000字(構成作成や推敲などすべて含む)
  • 文字単価:0.4円・0.8円・1円の3パターン
  • クラウドソーシング手数料:20%

今回のシミュレーションでは、執筆から納品までの一連の作業を1時間あたり1,000字として計算します。

週5日・1時間/1日

本業の仕事から帰宅後、毎日1時間執筆するケースです。

文字単価0.4円

  • 1日報酬額:1,000字×0.4円=400円
  • 月間稼働日数:20日間
1ヶ月の受取額

400円×20日間ー手数料20%=6,400円

文字単価0.8円

  • 1日報酬額:1,000字×0.8円=800円
  • 月間稼働日数:20日間
1ヶ月の受取額

800円×20日間ー手数料20%=12,800円

文字単価1円

  • 1日報酬額:1,000字×1円=1,000円
  • 月間稼働日数:20日間
1ヶ月の受取額

1,000円×20日間ー手数料20%=16,000円

週5日・2時間/1日

本業の仕事から帰宅後、毎日2時間執筆するケースです。

文字単価0.4円

  • 1日報酬額:2,000字×0.4円=800円
  • 月間稼働日数:20日間
1ヶ月の受取額

800円×20日間ー手数料20%=12,800円

文字単価0.8円

  • 1日報酬額:2,000字×0.8円=1,600円
  • 月間稼働日数:20日間
1ヶ月の受取額

1,600円×20日間ー手数料20%=25,600円

文字単価1円

  • 1日報酬額:2,000字×1円=2,000円
  • 月間稼働日数:20日間
1ヶ月の受取額

2,000円×20日間ー手数料20%=32,000円

週5日・3時間/1日

毎日定時に帰宅できる方など、副業にかける時間を十分に確保できるケースです。

文字単価0.4円

  • 1日報酬額:3,000字×0.4円=1,200円
  • 月間稼働日数:20日間
1ヶ月の受取額

1,200円×20日間ー手数料20%=19,200円

文字単価0.8円

  • 1日報酬額:3,000字×0.8円=2,400円
  • 月間稼働日数:20日間
1ヶ月の受取額

2,400円×20日間ー手数料20%=38,400円

文字単価1円

  • 1日報酬額:3,000字×1円=3,000円
  • 月間稼働日数:20日間
1ヶ月の受取額

3,000円×20日間ー手数料20%=48,000円

週3日:1時間/1日

本業から帰宅後、週に3日程度1時間だけ副業するケースです。

文字単価0.4円

  • 1日報酬額:1,000字×0.4円=400円
  • 月間稼働日数:12日間
1ヶ月の受取額

400円×12日間ー手数料20%=3,840円

文字単価0.8円

  • 1日報酬額:1,000字×0.8円=800円
  • 月間稼働日数:12日間
1ヶ月の受取額

800円×12日間ー手数料20%=7,680円

文字単価1円

  • 1日報酬額:1,000字×1円=1,000円
  • 月間稼働日数:12日間
1ヶ月の受取額

1,000円×12日間ー手数料20%=9,600円

週3日:2時間/1日

本業から帰宅後、週3日2時間を副業に充てるケースです。

文字単価0.4円

  • 1日報酬額:2,000字×0.4円=800円
  • 月間稼働日数:12日間
1ヶ月の受取額

800円×12日間ー手数料20%=7,680円

文字単価0.8円

  • 1日報酬額:2,000字×0.8円=1,600円
  • 月間稼働日数:12日間
1ヶ月の受取額

1,600円×12日間ー手数料20%=15,360円

文字単価1円

  • 1日報酬額:2,000字×1円=2,000円
  • 月間稼働日数:12日間
1ヶ月の受取額

2,000円×12日間ー手数料20%=19,200円

週3日・3時間/1日

本業からの帰宅後に毎日は無理でも、3日間ほどみっちりと副業できるケースです。

文字単価0.4円

  • 1日報酬額:3,000字×0.4円=1,200円
  • 月間稼働日数:12日間
1ヶ月の受取額

1,200円×12日間ー手数料20%=11,520円

文字単価0.8円

  • 1日報酬額:3,000字×0.8円=2,400円
  • 月間稼働日数:12日間
1ヶ月の受取額

2,400円×12日間ー手数料20%=23,040円

文字単価1円

  • 1日報酬額:3,000字×1円=3,000円
  • 月間稼働日数:12日間
1ヶ月の受取額

3,000円×12日間ー手数料20%=28,800円

週1日・7時間/1日

週休2日のどちら1日を副業に充てるケースです。

文字単価0.4円

  • 1日報酬額:7,000字×0.4円=2,800円
  • 月間稼働日数:4日間
1ヶ月の受取額

2,800円×4日間ー手数料20%=8,960円

文字単価0.8円

  • 1日報酬額:7,000字×0.8円=5,600円
  • 月間稼働日数:4日間
1ヶ月の受取額

5,600円×4日間ー手数料20%=17,920円

文字単価1円

  • 1日報酬額:7,000字×1円=7,000円
  • 月間稼働日数:4日間
1ヶ月の受取額

7,000円×4日間ー手数料20%=22,400円

週2日・7時間/1日

休日すべてを副業ライターとして活動するケースです。

文字単価0.4円

  • 1日報酬額:7,000字×0.4円=2,800円
  • 月間稼働日数:8日間
1ヶ月の受取額

2,800円×8日間ー手数料20%=17,920円

文字単価0.8円

  • 1日報酬額:7,000字×0.8円=5,600円
  • 月間稼働日数:8日間
1ヶ月の受取額

5,600円×8日間ー手数料20%=35,840円

文字単価1円

  • 1日報酬額:7,000字×1円=7,000円
  • 月間稼働日数:8日間
1ヶ月の受取額

7,000円×8日間ー手数料20%=44,800円

副業ライターとして稼ぐには、いかに限られた時間で的確に書けるかに就きます。とはいえ、副業ライターをはじめる方の場合、稼げるようになるまで時間を要するでしょう。

副業ライターで稼ぐ近道を求めているなら、ライティング講座を履修するのがオススメ。以下のリンクにある 「あなたのライターキャリア講座」では、全10回 2ヶ月半の濃密なカリキュラムと5回の添削、徹底したフィードバックでライティングの基本から実践までを網羅的に学べます。 


副業ライターの文字単価別 報酬額早見表

下記の早見表では、1時間あたりの執筆文字数1,000字にくわえて、500字と1,500字の合計3パターンで報酬額を計算しています。

稼働日数・時間 文字単価 1ヶ月の報酬額
1時間あたり執筆文字数
500字 1,000字 1,500字
週5日・1時間/1日 0.4円 3,200円 6,400円 9,600円
0.8円 6,400円 12,800円 19,200円
1.0円 8,000円 16,000円 24,000円
週5日・2時間/1日 0.4円 6,400円 12,800円 19,200円
0.8円 12,800円 25,600円 38,400円
1.0円 16,000円 32,000円 48,000円
週5日・3時間/1日 0.4円 9,600円 19,200円 28,800円
0.8円 19,200円 38,400円 57,600円
1.0円 24,000円 48,000円 72,000円
週3日:1時間/1日 0.4円 1,920円 3,840円 5,760円
0.8円 3,840円 7,680円 11,520円
1.0円 4,800円 9,600円 14,400円
週3日:2時間/1日 0.4円 3,840円 7,680円 11,520円
0.8円 7,680円 15,360円 23,040円
1.0円 9,600円 19,200円 28,800円
週3日・3時間/1日 0.4円 5,760円 11,520円 17,280円
0.8円 11,520円 23,040円 34,560円
1.0円 14,400円 28,800円 43,200円
週1日・7時間/1日 0.4円 4,480円 8,960円 13,440円
0.8円 8,960円 17,920円 26,880円
1.0円 11,200円 22,400円 33,600円
週2日・7時間/1日 0.4円 8,960円 17,920円 26,880円
0.8円 17,920円 35,840円 53,760円
1.0円 22,400円 44,800円 67,200円

副業ライターをはじめる際の注意点

上記のシミュレーションでは、副業ライターとして確保できる時間に1時間あたりの文字数を掛けて報酬額を算出しました。

ただし、副業ライターに係る時間は書くだけではありません。
たとえば、以下のようなことにも対応する必要があります。

  • 案件探し
  • 応募提案文の作成
  • クライアントとの打ち合わせ
  • 画像添付
  • 表・グラフ・図の作成
  • 修正対応
  • 請求書作成(直接契約の場合)
  • 帳簿付け
  • 確定申告

上記を仕事・作業として含めるかは考え方によって異なるものの、実際にはさまざまなことで時間をとられるのです。

とはいえ、副業ライターは初期投資がほとんどかかりませんし、自分に合わないと感じたらいつでもやめられます。

まずははじめてみて、どの程度時間が必要なのか、どのくらい稼げるのかを見極めて継続を判断するのがオススメです。

 仕事を効率化するなら、便利なツールを活用するのも方法のひとつです。文章のチェックに役立つ推敲ツールや、帳簿付けや確定申告で便利なクラウド会計サービスの利用を検討しましょう。 

「文賢」の使い方を動画で解説!推敲で便利な機能を紹介文章作成アドバイスツール「文賢」は文章を校正・推敲してくれるツールです。豊富な収録語句と多機能さが魅力。なかでも便利な機能を動画も交えながら使い方を解説します。...

まとめ:本業に影響しないように副業しよう

副業ライターは誰にでもはじめられるものの、本業あっての副業です。
本業に差し支えない範囲で仕事するように心がけましょう。

また、会社に副業に関する規定があるなら必要な申請・許可取りをおこなうほか、守秘義務に違反しないように注意が必要です。

当サイトでは、ライターに関するさまざまな記事を投稿しています。
副業ライターをはじめるにあたり不明な点があれば、ぜひ参考にしてみてください。

ABOUT ME
阿部コウジ
Webライターをはじめて5年。1,000記事以上執筆。企業で経理事務を15年間担当。元家電販売員。現在5サイトを運営して月間収益6桁継続中。ギターと釣りが趣味。