経理関連

【Webライターの経理】「仕訳」とは?型で覚えておこう!

Webライターをはじめて困ることのひとつが「帳簿付け」ではないでしょうか?
なかには、経理の経験がなければ簿記の知識もない、という方もいるかと思います。

そこで今回は「 仕訳 」にフォーカス。
経理の業務経験で得た知識を活かして、わかりやすく解説します。

フリーランスになったものの帳簿付けに不安を感じている方、またこれからWebライターをはじめようと考えている方は参考にしてみてくださいね。

「仕訳」とは

仕訳に必要な伝票

仕訳とは、売り上げや経費など取引の要素を分類・整理するための作業です。

簡単にいえば「 帳簿を付ける前段階の作業 」と、理解しておけばよいでしょう。

会社によっては、領収書や請求書などを見ながら「振替伝票」に仕訳を記入してから、帳簿に転記したり会計ソフトに入力したりします。

仕訳で使う振替伝票

フリーランスの場合は日々の取引量によるものの、仕訳が少ないなら直接会計ソフトに入力しても問題ありません。

とはいえ、仕訳作業に慣れていないなら要領を得るためにも、実際に振替伝票を起こしてみるのもオススメですよ。

コクヨ(KOKUYO)
¥396
(2022/11/27 03:45:35時点 Amazon調べ-詳細)




仕訳のやり方

仕訳では、取引を勘定科目ごとに「貸方科目」と「借方科目」に分けて金額を記入します。
といっても、簿記の知識がまったくないと意味を理解できないかもしれません。

「貸方とか借方とか、よくわからない」という場合には、仕訳の型を覚えておきましょう。

お金が入ってくる項目を左側の借方に、対応する項目を右側の借方に記入する、と覚えておくのです。

たとえば、クラウドソーシングから売上が入金されたら下記のように仕訳します。

金額 借方 貸方 金額
100,000 普通預金 売掛金 100,000

普通預金に入金された金額を左側に、対応する売掛金の金額を右側に記入しています。

反対にお金が出ていった場合は、下記のように逆の仕訳になる点を押さえておいてください。

金額 借方 貸方 金額
5,000 通信費 普通預金 5,000

このように、入ってくるお金を左側、出ていくお金は右側と単純に覚えておけば、理解しやすいのではないでしょうか?

ただし、実際には入金や出金以外にも取引が発生します。

たとえば、クライアントに請求書を提出して売上が立った際には、下記のように仕訳しましょう。

金額 借方 貸方 金額
100,000 売掛金 売上高 100,000

あまり難しく考えずに「売上を立てるときはこの仕訳」と、まずは型で覚えておくのがおすすめです。

ちなみに、こちらで立てた売掛金が入金されたときの仕訳が、一番上の表になります。
 入ってきたお金は左、出ていくお金が右 と覚えておきましょう。

さまざまな経費に関する具体的は、以下の記事で解説しています。仕訳で不明な点があれば、ぜひチェックしてみてください。
【徹底解説】Webライター・フリーランスの「仕訳」具体例を解説Webライター・フリーランスの仕訳は法人と比較すれば簡素で、パターンを覚えてしまえば簡単です。仕訳を具体例で解説します。...

会計ソフトでの仕訳

会計ソフトに転記する際や直接入力する場合も、要領はまったく同じです。

たとえば、私が使っている会計クラウドサービス「マネーフォワード クラウド」では以下のように入力します。

振替伝票に入力
振替伝票に記入した内容を同じように入力するだけです。

マネーフォワード クラウドは月額800円から利用できます。確定申告に必要な書類も簡単に作れるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。1ヶ月無料トライアルも用意されています。


Webライターの経理は難しくない!

Webライターが扱う勘定科目は限られており、法人の経理と比較すれば難しくありません。

型を覚えておけば、あとは繰り返すだけ。
クラウド会計ソフトを利用すれば、コピペで簡単です。

Webライターをはじめて間もないなら、早めに仕訳のやり方を覚えておきましょう。

Amazonで「仕訳」の本を探す\経理の基本を勉強しよう/

ABOUT ME
阿部コウジ
Webライターをはじめて5年。1,000記事以上執筆。企業で経理事務を15年間担当。元家電販売員。現在5サイトを運営して月間収益6桁継続中。ギターと釣りが趣味。