経理関連

「事業主勘定」とは?仕訳のやり方を具体例を挙げて解説

事業費用と生活費を分ける必要がないフリーランスの場合、ケースによっては「事業主勘定」を使って仕訳しなければなりません。

しかしながら、Webライターをはじめた方のなかには「事業主勘定ってなに?」などと、簿記に不安を感じている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、事業主勘定を使った仕訳にフォーカスし、具体例を挙げながら解説します。フリーランスの仕訳が気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

事業主勘定による仕訳とは

帳簿付け自体は、法人と個人事業主で基本的に大きく変わりません。
法人の入金・出金では「現金」や「預金」などの勘定科目を使って処理します。

借方 貸方
通信費 10,000円 普通預金 10,000円
事務用品費 5,000円 現金 5,000円

フリーランスにおいても事業用資金と生活費を完全に分けているならば、同様の仕訳で問題ありません。

ただし、完全に分けていない場合や生活費から経費を支払っているケースでは、どうしても「現金」や「普通預金」といった法人が使う勘定科目では仕訳できない場合があります。

たとえば……

  • 生活費で支払った経費を事業費用として計上したい
  • 個人のクレジットカードで支払った事業費用を経費計上したい
  • 事業用口座に振り込まれた報酬を生活費として引き出したい

上記のようなフリーランスならではの事情がある場合に、仕訳で使用する勘定科目が「事業主貸」と「事業主借」です。

個人事業主が仕訳する際に事業費用と生活費を分けやすくして、所得税を正確に納税してもらう目的で設けられました。

考え方は以下の通りです。

事業主借の考え方

生活費を仕事の経費に使った場合は「 事業のお金を事業主に借りた 」となり、事業主借で仕訳する

事業主貸の考え方

報酬を生活費として出金する場合は「 事業のお金を事業主に貸した 」となり、事業主貸で仕訳する

事業主借と事業主貸の考え方

事業主勘定による仕訳の具体例

では、いくつか具体的に仕訳してみましょう。

仕事で使う事務用品を生活費の5,000円で購入した。

借方 貸方
事務用品費 5,000円 事業主借 5,000円

事業の帳簿に記載されていない生活費で支払ったわけですから、法人であれば「現金(小口現金)」とするところを「事業主借」で仕訳しています。

個人のクレジットカードで、80,000円のパソコンを購入した。

借方 貸方
消耗品費 80,000円 事業主借 80,000円

こちらも同様で、個人のクレジットカードの引き落とし先は個人の銀行口座でしょうから、法人なら「現金」や「普通預金(当座預金)」とするところを「事業主借」で仕訳しています。

上記のように、プライベートなお金を事業の経費に使った場合、すべて事業主借で仕訳可能です。

次に「事業主貸」で仕訳するケースを見てみましょう。

事業用の銀行口座に振り込まれた報酬の100,000円を生活費として出金した。

借方 貸方
事業主貸 100,000円 普通預金 100,000円

フリーランスは、現金を生活費と事業費用に区別する必要がありません。
法人なら、経費として引き出した「現金」とする部分を「事業主貸」で仕訳するわけです。

以上のように便利な勘定科目「事業主借」と「事業主貸」ですが、どのクレジットカードで支払ったか、どの銀行口座に振り込まれたかなどの詳細については、摘要欄にメモしておきましょう。

万一税務署からお尋ねがあった際に備えて、お金の流れを正確に説明できるようにしておいてくださいね。

Webライターコラム:役所から「申告漏れ」のお尋ねが!災いは突然やってくる。「あなた様につきまして申告を要すると思われる所得が判明しました。」こんな通知が突然きたら戦々恐々とするのではないでしょうか?どうしてこんな事態になってしまったのかをお話しします。...




フリーランスは事業主勘定で簡単に仕訳できる!

フリーランスが仕訳する際に便利な勘定科目「事業主借」と「事業主貸」。

法律上、個人事業主は現金を事業費用と生活費に分ける必要がなく、現金の入出金を「事業主借」と「事業主貸」で処理可能です。

ただし、事業用資金と生活費は分けておいたほうがすっきりしますし、管理しやすくなるメリットもあります。

現金を事業用に振り分けておいて、事業用資金と生活費を区別しておくのも方法のひとつです。

もし基本的な仕訳のやり方がわからないなら、クラウド会計サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

特別な簿記の知識がなくても問題なく使えますし、口座やクラウドソーシングとひも付けて自動で仕訳できる機能を備えたクラウド会計サービスもあります。

Webライターや副業をはじめる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

クラウド型会計ソフト マネーフォワード クラウド会計

やよいの白色申告オンライン

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

ABOUT ME
阿部コウジ
Webライターをはじめて5年。1,000記事以上執筆。企業で経理事務を15年間担当。元家電販売員。現在5サイトを運営して月間収益6桁継続中。ギターと釣りが趣味。